ずぼらでのんびり田舎暮らし 

ずぼらでプチミニマリスト気取りの日々のあれこれ(家庭菜園、暮らしや子育て)

40年前のクリスマスプレゼントに想う

12月になったと思ったら、もうクリスマスですね♪ クリスマスツリーを飾ったのがついこの間というのに。。。

 そして、今年初めてクリスマスツリーをかざったのですが、このクリスマスツリーには本当に癒されました。寒さも厳しく、そして日がだんだんと短く暗くなるのが早くなってくるのに、夕方、クリスマスツリーの点灯をし、その明かりを眺めているとなんだかほんわかしてくるのです。

 クリスマスツリーの飾り付けをしているイラスト

 さて、もうサンタさんがきたお家もあるのでしょうか???コロナだけれども、いやこのコロナ禍だからこそ、サンタさんに子供だけでなく、大人にも夢を見させてもらいたいなあ。

 

 さてここ数日、息子が塗り絵にはまって、学校から帰ってくると塗り絵をしています。そして、ポケモンの塗り絵をしているんですが、スマホでポケモンの画像をだして、「ママ、これは何色なの???」と確認しながら色々と色を使い分けている様子。しかし、息子が持っているのは12色の色鉛筆なのです。

そこで、どれどれと、ママの色鉛筆を出してきました。ジャーン!!!

f:id:nonnbiriinaka:20201223122407j:plain

ど、どうですか??この年代物の色鉛筆!!

 なつかしーい絵柄です(笑)。これは私が小学校2,3年生のころにサンタさんからもらったクリスマスプレゼントなんです。そして、今からしたらなんと質素なんでしょう。でもこのクリスマスプレゼントをもらって喜んでいた私。そして、今でも覚えているのが、父親が色鉛筆をカッターで削って一つ一つ名入れしてくれて、それがとてもうれしかったなあ。

 小学生では塗り絵などで使い、そのまま中学生では使う機会がなくなっていたのですが、大学や先生をやっていたときに教材づくり、生徒の提出物の補修なんかに活躍してくれてきた鉛筆です。

 ちなみに、生徒の提出物の補修とは、クラスの壁紙に張ったりする絵や「一年の目標」なんかに書いてきた生徒のイラストにちょっと手をいれてあげるんです・・・

 ほら、やんちゃな男の子なんかが、がしゃーと書いて端っこなんか結構テキトーな絵や字。それをちょっとなぞってあげて、消しゴムの後が残っているのをちょっと丁寧に消してあげて、すこーしだけ見栄えをよくしてあげるんです。多分本人はそんな手を入れられているということには気づいていないでしょうけどね。。。

 まあ、そんなこんなでけっこう使ってきた色鉛筆でしたが。。。。なんということでしょう。40年という歳月をえて、色鉛筆の芯がぽろっと欠けるようなってしまったのです。あれ、あれ、と鉛筆削りで削っていって、芯が残ったのはこちらのみ。

f:id:nonnbiriinaka:20201223120017j:plain

(削って名前が書いてある面は下にして撮影しました。)

 むむむ、、、、ということで、今回息子の塗り絵ブームもあるので、新しい色鉛筆を買う事にしました。

  そして選んだのは、こちら、ファーバーカステルの色鉛筆。この赤い缶は子供用だそうで、青や深緑などの缶は、上級者用でお値段もびっくりするほど。

 サンタさんからのプレゼントと一緒にこちらも息子にプレゼントをして二人で塗り絵を楽しみたいなあと思います♪

 

nonnbiriinaka.hatenablog.com

 

 

nonnbiriinaka.hatenablog.com

 

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村