ずぼらでのんびり田舎暮らし 

ずぼらでプチミニマリスト気取りの日々のあれこれ(家庭菜園、暮らしや子育て)

【安野光雅さんの本】何度でも遊べるしりとりの本、簡単には読み終わりません!!

最近、安野光雄さんの本にはまっています。

こちらのしりとり、とっても面白いです!!!

親子で楽しめます。

 絵本といっても遊べるんです。

 

本の見方は・・・

 1 はじめのページの中から好きな絵を一つ選ぶ。

 たとえば、「うし」を選びます。

 2 その絵としりとりができる絵を、次のページから探し出す。

次のページの中から「しか」を選びます。

 3 さいごのページにつながったら、「ん」でおしまい。

そして続けていって、「ん」で終了!

ですが、最後のページにつながらなかった場合は・・・・

なんとまた最初のページに戻って、そのまま続けます。なので簡単には読み終わらないです。一人で楽しむもよし、親子で順番に絵を選んでみても楽しめますよ!

最後に「ん」につながらないときは、「う~くやしい~!よし、またやってやるかあ!!」です。

 対象は・・・

年長さんから、小学校低学年ぐらいでしょうかなあと思います。

懐かしい言葉なんかもあって、へえ、なんて親の私ですら知らない言葉もあったりして新鮮です。

そして、「ん」で終わらないと本が終わらないので、しりとりの「ん」を言ってしまうと負けとまったく違って斬新です。

そして、普通のしりとりは、言葉を思い浮かべなくてはならないのですが、これは本の中の絵を選ぶので、語彙力が増えます。同じページに、同じ文字で始まる絵がいくつかあるので、選ぶ絵によって、最後終わりになるかどうか決まってくるのですが、単純に楽しめます!!

 にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村