ずぼらでのんびり田舎暮らし 

ずぼらでプチミニマリスト気取りの日々のあれこれ(家庭菜園、暮らしや子育て)

【人間ドック】褒められたかった・・・美しい、とても美しいです、と・・・・

今回、とてもくだらないです。が、お付き合いいただければ嬉しいです~。

先日人間ドックについて書かせてもらいました。

 

若いころとは違い、何かしら、ひっかかるようになった人間ドックなので、毎回ちょっとドキドキして受けています。

 

で、ですが、そんな中でもちょっと楽しみにしていることもあるのです。が、それがコロナで検査できなくってちょっと残念だなあと。

 

コロナで検査できなかったのは胃カメラと、肺活量の検査でした。

 

 

実は、胃カメラでは、去年お医者さんに言われたのです。

 

内視鏡検査のイラスト(健康診断)

「美しい、とても美しいです。」と。

いやはや、うれしいですね~、たとえ胃の中のことだとしても。

 

前々回の時は、少し胃が荒れ気味ですね~と言われていたのですが、去年は「美しい!」とお医者さんに言われてうれしかったです。

ほら、内面をほめられるってうれしいじゃないですか。。。。

 

そしてもう一つが、肺活量です。いつも「はいて~、吸って~」が大変ですよね。顔を真っ赤にしてやっています。そして、検査の人が「おおおっつすごい!!」

f:id:nonnbiriinaka:20210210142458p:plain

 

「すごい数値でましたよ~」と言われたので、聞いてみたら、

なんと肺活量は18歳相当だとのこと。いやはやこれも若いということでうれしいです。

 

なので、私は、(胃の中が)美しくて、(肺活量が)18歳並みの若さなんだ~。

と勝手に脳内変換してました。

 

それが今回の人間ドックで二つともできなかったのが寂しいです・・・・

だって、大人になると他人から褒められることってなくなるじゃないですか。 

 

すみません、くだらなくて。